読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jazzyなおくさま

約30年棒に振ってきた人生ですが、とにかく行動するので生暖かく見守って欲しいブログ。ADHDとかHSPの傾向はあるよ。

“何者にもなれませんでした”と言うあなた(と私)へ。

25時を回ったころ、何気なくTwitterを開いたらこんな記事が流れてきた。

 

 

※元スレはこちら。

 

 

「キャリアウーマンにもお母さんにも 何にもなれませんでした。 子供の頃に思い描いていたような 特別な人間にも、個性的な脇役にも なれませんでした」

 

 

胸がえぐられるような言葉。っていうかこれ、私…?(笑)

 

 

これに対して寄せられているコメントは、上から目線だったり、努力不足を責める、論点がずれているものなど少しも役に立たないものばかりだ。励ましとして見れば嬉しいものもあるけどね。

 

 

本人は、自分で精一杯考えて挑戦してきただろう。その時出来ることは全部やってきたのではないかと思う。でも、何かが足りなかったり、不器用だったり、運がなかったりで失敗したのだ。

 

 

また、家庭環境が悪かったり、何かの発達障がいがあったり、コミュ障で他者との関わりが少ない等があると、努力のしかたさえ知ることができないままで過ごしてしまう可能性はさらに高い。産まれた時から格差は始まっている。

 

 

環境にも結果にも恵まれない中で、自信や行動力もなくしかけているあなたに実践できるのかはわからないが、単純にググれば“努力する方法”は簡単に知ることができる。

 

 

 

他にも、なりたいものになるための方法、本当にやりたいことを見つけるための質問だとか、先に見つけた人達が丁寧に書いてくれているサイトは必ずある。

 

 

 『うまくいかない、辛い』などと言いながら、対処法を調べることすらしない人間は意外と多い。あなたはどうだろう?

 

 

努力というのはもはや根性論ではない。本当に自分がやりたいことを見つけ、続ける仕組みを作ること。達成のためには手段を選ばないこと。

 

 

努力の仕方を知ったところで、成功するかどうかはコインを投げ続けるように運任せだ、という人もいるだろう。確かに、成功は保証されるものではなく、とても不確かだ。

 

 

だけど、嘆くのならば抵抗して欲しい。今、すぐにやらないと、チャンスが巡ってくることはない。何もせずに運良くチャンスが見つかるなんて、事故に遭って死ぬ確率よりも低いだろう。 

 

 

20代の時間を無駄にしてしまったあなたなら、もっと思慮深く、執念を持ってやれるはずだ。

 

 

この先、本当に身動きが取れなくなったら、諦めて笑っていることしかできなくなる。私はそんな人を何人か知っている。彼らは決まって『いや、もういいんだ』と言う。

 

 

そうなれば、あなたは死んでいるのと変わらない。今すぐに、生きるのかどうか決めて欲しい。