読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jazzyなおくさま

約30年棒に振ってきた人生ですが、とにかく行動するので生暖かく見守って欲しいブログ。ADHDとかHSPの傾向はあるよ。

みんチャレ反省、改善点。

どうも、よしだですヽ('∀'*)ノ


みんチャレに復帰したでヤンスよ。


アプリは入れたままでいたものの、しばらくは何もせずにいました。


しばらくの間チャレンジ送信“しなくちゃならない”ということから解放されているのが、気楽なことに気付きました。


なぜなんだろう。



しばらく考えて、気付いたのがこんなこと。


■ “頑張ったフリ”をしていた

チャレンジをしている間、作った料理、トレーニングした後の写真、読書した写真などをアップしてたんですが、


“もっと頑張らないと”“疲れててキツイけど、なんか送信しとかないと”と思ううちに、なんかズレてきていたというか。


次第に、こじゃれたレストランで飯食ってる写真、まだ買っただけの本の写真、ペットの写真やら、チャレンジと関係ないものも投稿するようになっていました。


ただのインスタ女子みたいになってたんですよね。インスタやったことないけど。


それインスタやフェイスブックに投稿すりゃいいじゃん、みたいな内容が多くなってた。


そもそもみんチャレって、よい習慣を身につけるところなのであって…。


おしゃれな外食とか、ペットとか、小難しい本を買っただけとか、特に意味ないやん…。


まずは自分の直したいことの原点に返らないとなー。と思ったわけです。

■ 良い習慣をつけたいと思っていた理由

ワイは2年前頃から、自律神経失調、歯、治療中のトラブル等に悩まされており、くだらん原因かもですが、気持ちが下向きになっています。


行動力や前向きさが50%オフぐらいになってますね(´°ω°`)


これからは老化もあるし、まあ昔のような元気さは取り戻せないでしょう。


将来もっと大きなことが起きた時、疲れ切って自殺とかを考えずに(大げさですが)乗り切るためには、心身ともに基礎体力をつけていかないといけないわけなのです。


そういった、心身の基礎体力をつけるのに必要なことのひとつが、“良い習慣”ッ…!!


わかってるつもりだったんですが…“つもり”だけでした。ハイ。

■ “良い習慣”を身につけておくことのメリット


心身の健康、金銭面、人間関係など、私たちの人生にはいつヤバイことが起こるかわかりませんよね。


不測の事態が起こると、人間は弱いものです。


お金の貯蓄、保険と一緒に“良い習慣”も身につけておくのが、不測の事態に対する最大のセーフティネットだな、と思いました。


例えば、“規則正しい生活”


これだけでも、きちんとできたなら

  • 自律神経が整い、体調が改善
  • 精神的に安定する
  • 生活習慣の基本ができているため、時間のコントロールがしやすくなる
  • ムダな病気を防げる


これぐらいのメリットは見込めるのでは。というわけなのです。

■ “みんチャレ”は、やはり習慣化の手助けに最適

ただ、続けるのは意外と大変で、最初はストレスがかかります。


成功のコツは

  • 他の人に継続の手助けをしてもらう
  • 同じ目的の仲間をつくる
  • 小さなごほうびを設定する
  • 2週間以上継続する


などということが言われています。


“みんチャレ”には、この要素が詰まっているんですよね。やはり、習慣化には必要不可欠なアプリです。静かにユーザーが伸び続けてきたのもうなずけます。

■ 現状での“みんチャレ”の残念なところ

優れたサービスなんですが、良くないところも少しだけあります。


まあ、ほぼユーザー側の問題なんですが。。。

  • サボれる仕組みになっている

サボるのは個人の怠けですが、習慣化には“何があっても自分との約束を守る”ということが大事だったりもします。


現状、チャレンジ送信をしなくても、なんか発言だけしていればチームから自動で排除されるということはありません。


チームのリーダーが任意のメンバーを退出させることもできますが、なかなかそれは踏み切れないですし、匿名とはいえやるべきではないような気がします。


サボりつつもゆるく続けられるチャレンジは必要だと思いますが、ハードモードみたいな感じで、“毎日必ずチャレンジしないと即退出!”みたいなチーム形態も選べるようにしてみて欲しいところです。

  • 関わった人に、他チームでのチャレンジが筒抜けになる(※設定変更で解決できます)

みんチャレには、“フレンド機能”があり、チームで一緒になった人が自動でフレンドに登録されます。


すると、そのフレンドになった人に、自分の今やっているチャレンジの投稿内容が見えるようになってしまいます。


これ、最初は別になんてことないかなと思っていましたが、何故か意外とストレスがたまります。。。


自分の生活の時間帯を把握されそうな感じが嫌なのかな。『おっこいつ浮上してる、でもうちのチャレンジまだやっとらんやんけ』とか思われてそうで(笑)


見られないようにする設定ができるので、これは先に設定変えておくのが吉。

  • たまに変な輩が湧く


プライベートなことをやたら聞いてくる人、発言がちょっと多すぎる人、メンバーに返事を強要するような発言をする人など、たまに変なのが入ってきます。


これはいろんな人がいる以上仕方がないのかもしれません。チームの雰囲気によって許される度合いも違ってきます。


実際こういうことが起こったチームがあって、アカウント削除のきっかけの一つにもなりました〜(;´Д`A ```


あと、チームの入退室時に挨拶をしない人。会話をスルーする人。


こういうのは、匿名だしあまり気にしない方がいいのかもしれないですけどね(;´Д`A


でも、普通の会話や挨拶をした途端に無言でチームから抜けてしまわれたりすると、少しショボンとなりますよ(´・ω・`)

■ やはりベビーステップが大切


今回の失敗、反省を通して、習慣化には


“背伸びしない”
“小さなことから始める”
“毎日続ける(自分との約束を守る)”


ということが最も大事だということを理解しました。


私は、結果を急いだり、ノリで身の丈に合わないことをしようとしてしまう悪い癖があるので、


『これくらいなら気合いでできるんじゃね?』と思うことの、さらに一回り小さい段階から始めてみることを心掛けようと思います。

■ 最後に

以上、ややこしい長文になってしまいましたが…お読み頂きありがとうございます。


躓きそうになったら読み返す用でもあります(´・ω・`;)


現在、『タイマーをかけて、日常のめんどいことを時間内にやろう』というような主旨のチャレンジに参加中です。


行動リハビリみたいなもんで、闘病中の方などにも参加して頂いています。


経過報告も、またこのブログでしていこうかと思います!