Jazzyなおくさま

約30年棒に振ってきた人生ですが、とにかく行動するので生暖かく見守って欲しいブログ。ADHDとかHSPの傾向はあるよ。

タイピングが速くなるたったひとつの方法

f:id:jaxx_u:20170731142505p:plain

以前から気付いていましたが、私はタイピングが苦手です。

 

 

今、タイピングって打ち込んだらなぜか「大雄インク」になってたし

 

 

誤字・誤変換も異様に多いのです。

 

 

最近は転記の仕事が多くなってしまったので、非常につらい。

 

 

あまりに遅いため、陰口を言われそうでそれもリアルにつらい。死にたくなるわ。

 

 

そこで、PC絶対使いこなすマンとして有名なIT企業勤めの友人に「タイピングが速くなるための重要な習慣」について伺ってみました。

 

 

①ネットゲームで喧嘩をする

 

Twitterで喧嘩をする

 

③チャットで喧嘩をする

 

以上。

 

 

なんということでしょう。意外なことに、「喧嘩」が最重要ポイントだということが判明しました。

 

 

怒りでアドレナリンが分泌されることによって反射速度が上がり、ブースト的な速習効果が見込めるらしい。なにいってんだこいつ

 

 

学生の頃はイキリオタクやネカマ(死語)などを相手に歴戦(粘着とか)を繰り広げてきたらしい。

 

 

「速くなるためだったら何でもしたいが、普通に迷惑なうえ通報凍結コンボされるわハゲ」といった内容を伝えたところ、普通にチャットありのネトゲやるのも効果あんじゃね?とのこと。

 

 

ネトゲって艦これしかやったことないよ…。あとはFGOとかスマホゲーだからなんも知らないよ。

 

 

皆様、安いノートPCでも動くチャットありPCゲームでお勧めがあったらお教えくださいませ。

 

 

もちろんタイピング練習のサイトもやるけどさー。

 

 

あ、あと

 

 

普通にブログ毎日更新すればいいんじゃね???

 

 

おわり。

【デグーの家掃除】楽な方法!ペットシーツ活用。

週1回やっている、じろちゃんのケージの大掃除。

 

 

SANKO C72 イージーホーム37ハイ BK

SANKO C72 イージーホーム37ハイ BK

 

 

ケージはSANKOさんの”イージーホーム37ハイ”

1頭飼いなので、狭すぎではないのですが、ギリギリの大きさです。

 

ただ、掃除はしやすいです。

その理由を、我が家での掃除方法とともに紹介します!

 

 

■STEP1 木製部品を洗う


木製ステップなど、デグーがおしっこやうんちをしているところは外して洗っています。

ぬるま湯で、使い古しの歯ブラシでこすり、うさピカをスプレーしてもう一度こすり、ドライヤーで乾かします。
 

 

ジェックス うさピカ 毎日のお掃除用

ジェックス うさピカ 毎日のお掃除用

 

 

 

あと、ハンモックもつけているので、交換して洗濯。

 

■STEP2 底部を外して敷材を交換

ケージの網になっているところと底のプラスチック部分を外します。

 

外したら、中のペットシーツごと、ヒノキアや敷き牧草をゴミ袋に捨てます。

 

そのあとの状態がこちら。

 

f:id:jaxx_u:20170423014554j:image

下にいらない紙を敷いています。これはほとんど汚れないので、汚れがなかったらそのまんま。 

 

この上に、ペットシーツを敷きます。

ペットシーツのワイドタイプは1枚60×44センチなのですが、これ、”イージーホーム37ハイ”の底部分をぴったり覆える大きさなんですよ。

 

下にこれを敷いておけば、次の掃除の時は底のペットシーツごと捨てればいいので、めちゃくちゃ楽ちんなんです。

 

f:id:jaxx_u:20170423020403j:image

この上に、ヒノキアを敷きます。

 

f:id:jaxx_u:20170423020530j:image

 

 

ジェックス ヒノキア 消臭砂 7L

ジェックス ヒノキア 消臭砂 7L

 

 

次は、敷き牧草。

 

f:id:jaxx_u:20170423020611j:image

 

 

ペットショップで安売りしていたメドウヘイと、やわらかチモシーを敷いています。

 

 

■STEP3 網部分を戻す

f:id:jaxx_u:20170423020723j:image

外していた上部の網部分を戻す。

 

ここで注意するのは、写真のようにペットシーツの端が四方でケージの網にしっかり挟まるようにすることです。

 

こうしておくと、ウンチやおしっこ、牧草のカスなどがはみ出ないので、手間が省けるというわけです。

 

 

※ケージにもともとついていた、底部の網は外してしまいました。

汚れるし、足がひっかかるという話も聞くので必要ないと思っています。

 

 

■平日のお手入れ

 

 平日は、牧草を軽く入れ替えするのと、おしっこをするところ(主に木製ステップ部分)にうさピカや水をつけて拭くだけです。

 

 

■単頭飼い・部屋んぽ多めなら、小さいケージでいい

 

・単頭飼い

・毎日部屋んぽが数時間可能

 

であれば、ケージは小さくてOK!

とにかく、お手入れの楽さを追求する方がいいと思います。

 

なぜならデグーは、仲間とのコミュニケーションを重視する動物だからです。

 

齧りそうなところを徹底ガードしたお部屋を用意して、飼い主がいる状態で自由に遊んでもらうのが、彼らにとってベストだと思います。

 

まあ、飼い主にもある程度時間の余裕があるのが条件ですけどね〜(;´Д`A ```

 

デグーを遊ばせるお部屋作りについては、また別で詳しく書いてみます。結構大変になりそうですが、頑張りますのでお待ちください〜(´・ω・`;)

自分のアップデートを記録する/目標と、言葉のイメージ。

f:id:jaxx_u:20170418223936j:image

▲じろが私のチョコレートを盗もうと必死でした…。頑張ってるけど、中になにもないですよ。

 

 

■ 自分のアップデートも、記録してみませんか。

 

歩きながらふと思いついたことなのですが、“アップデート”ってありますよね、アプリ開いたときにやれって言われるやつ。

 

毎回めんどくさいなーと思ってしまうものですが、インフォメーションを見ると“新機能を追加しました”、“◯◯を使いやすくしました”、“バグを修正しました”などなど。

 

あんな書き方で、毎日改善したこととか、やってみたこととかを日記にしたらわかりやすいし、楽しいかもなーって。

 

Twitterかブログで、そんな書き方で1日を振り返ってみようかなと思いました。

 

 

 

■ 目標は書く、声に出す。そして

 

以前、何処かのウェブ記事で『人生の目標を紙などに書き出している人は1%しかいない』とか書いてあるのを見た記憶があります。いや、1%だったか10%だったか失念しましたが…(

 

パッと見てわかるようにすれば、常に目標を軸にして行動できるし、潜在意識とやらもその方向に働いてくれる気がしますね。

 

単純にわかりやすくすれば達成しやすいということです。素直にやってみようと思いました…。

 

スマホの待ち受けに文字を入れるアプリをインストールして、目標を3つほど箇条書きにしてみました。

 

文字にしてみたら意外と恥ずかしい感じになったので、内容はまだ非公開です。コピーライターのようなかっこよい感じに表現できればいいのですが…。

 

あと、目標を決める言葉のイメージってとても大切かもしれないと気がつきました。

 

例えば、断捨離して部屋キレイにしたい!と思っている人がいるとします。

 

『断捨離する!』と目標を掲げても、なんとなくやる気が湧きません。言葉に具体的なイメージが少し足りないからじゃないでしょうか。

 

これが『部屋をホテルにする!』だったら、なんだかワクワクしてきますよね。

 

実際に片付けるときも『これはホテルでは許されん汚れだ…』『これはホテルに近づけたいならいらないものかな』とか、直感的にわかるのでやりやすい。

 

言葉の選び方ひとつでも、モチベーションや成果が変わってくることが結構あるかもしれません。

 

自分にとって、イメージがより豊かに湧く言葉を探したいですね。潜在意識関係の本とかではとっくに書かれてそうな内容ですけど、忘れないようにしたくて書きました。

“何者にもなれませんでした”と言うあなた(と私)へ。

25時を回ったころ、何気なくTwitterを開いたらこんな記事が流れてきた。

 

 

※元スレはこちら。

 

 

「キャリアウーマンにもお母さんにも 何にもなれませんでした。 子供の頃に思い描いていたような 特別な人間にも、個性的な脇役にも なれませんでした」

 

 

胸がえぐられるような言葉。っていうかこれ、私…?(笑)

 

 

これに対して寄せられているコメントは、上から目線だったり、努力不足を責める、論点がずれているものなど少しも役に立たないものばかりだ。励ましとして見れば嬉しいものもあるけどね。

 

 

本人は、自分で精一杯考えて挑戦してきただろう。その時出来ることは全部やってきたのではないかと思う。でも、何かが足りなかったり、不器用だったり、運がなかったりで失敗したのだ。

 

 

また、家庭環境が悪かったり、何かの発達障がいがあったり、コミュ障で他者との関わりが少ない等があると、努力のしかたさえ知ることができないままで過ごしてしまう可能性はさらに高い。産まれた時から格差は始まっている。

 

 

環境にも結果にも恵まれない中で、自信や行動力もなくしかけているあなたに実践できるのかはわからないが、単純にググれば“努力する方法”は簡単に知ることができる。

 

 

 

他にも、なりたいものになるための方法、本当にやりたいことを見つけるための質問だとか、先に見つけた人達が丁寧に書いてくれているサイトは必ずある。

 

 

 『うまくいかない、辛い』などと言いながら、対処法を調べることすらしない人間は意外と多い。あなたはどうだろう?

 

 

努力というのはもはや根性論ではない。本当に自分がやりたいことを見つけ、続ける仕組みを作ること。達成のためには手段を選ばないこと。

 

 

努力の仕方を知ったところで、成功するかどうかはコインを投げ続けるように運任せだ、という人もいるだろう。確かに、成功は保証されるものではなく、とても不確かだ。

 

 

だけど、嘆くのならば抵抗して欲しい。今、すぐにやらないと、チャンスが巡ってくることはない。何もせずに運良くチャンスが見つかるなんて、事故に遭って死ぬ確率よりも低いだろう。 

 

 

20代の時間を無駄にしてしまったあなたなら、もっと思慮深く、執念を持ってやれるはずだ。

 

 

この先、本当に身動きが取れなくなったら、諦めて笑っていることしかできなくなる。私はそんな人を何人か知っている。彼らは決まって『いや、もういいんだ』と言う。

 

 

そうなれば、あなたは死んでいるのと変わらない。今すぐに、生きるのかどうか決めて欲しい。

『ライフタイマー』で時間を『見える化』しました。

▲『ライフタイマー』というアプリをダウンロードしてみた。

  

※上記は『ライフタイマープラス(有料)』のサイトですが、無料版もありますのでそちらから試すのがお勧めです。

 

 f:id:jaxx_u:20170408115302p:image 

▲画面イメージ

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

  • 『◯◯まであと何時間』か表示、通知してくれる
  • タイマーは任意に編集でき、増やせる
  • ADHD、ギリギリにならないとやらないタイプ、気が散りやすいタイプの人には特に効果が期待できそう。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

 

 

私の性格(脳の性質?)ですが、 頭でわかっていても、ギリギリになるまで何もしません。

 

 

目の前に気になることや楽しそうなことを見つけると、なんでも後回しにします。

 

 

いや、後回しにしている というか、頭から吹っ飛んでいたという事も多いんです。たとえそれが、かなり重要なことであったとしても。

 

 

これ、完全にADHDの特徴なんですよね。多分、日常を維持できないほど酷い場合は診断されるのでしょう。

 

 

『ライフタイマー』は、具体的に『◯◯まであと◯時間しかない』という状態を視覚的に表示してくれます。

 

 

そうなると、その事柄が頭から吹っ飛んでしまった場合は気付けますし、

 

 

後回しにしている場合は、『ハッ、あと◯時間しかない…やっぱ今やらないと無理か…』というような状況に気付けます。

 

 

アラーム通知機能もあります。予定の15分前とかにしておくと良さげ。

 

 

個人的には、iphoneウィジェットに対応していないのがちょっと残念なところでした。

 

 

もっと、常に時間丸見え状態にしておきたいのですが。

 

 

『ライフタイマープラス』なら、Apple Watch対応なので、持ってる人ならその方が見やすくなりそうです。私はApple Watchを持っていないので、残念。

 

 

時間を見える化することはとても大事ですね。人にとって時間は絶対的に有限なのですから。

 

 

 

余談ですけど、これからは『時間や生活を理想的に管理する』サービスも発達していくんじゃないかな、なんて少し思いました。

 

 

毎日健康的に過ごせるタイムテーブルを作って、常に通知して管理してくれる。栄養士が献立やレシピを作ってくれる。寮みたく、住み込み物件で生活の管理もしてくれるとか。

 

 

そんなのがあったら利用したいよ!って人、私を含めて結構いると思うんですが。人工知能が応用されるとプライバシー面でも良さそうですね。

 

 

塗り絵に手を出すぞ


中村佑介さんの塗り絵本、無印良品の色鉛筆を購入しました〜ヽ('∀'*)ノ

色鉛筆は筒入りで使いづらいので、グループ毎に分けましたが…果たしてこれで使いやすくなるのかは…謎。



* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … *



中学生、高校生の頃は若干お絵描きが好きでした。たまに思い出しては描きたくなります。



ただ、下手なのです(ノД`)自分のイラストのセンスのなさに絶望を繰り返し、辛抱強く描き続ける気力がなかったので、当然上手くはならなかったんですよね〜。



ただ、余生の楽しみとして…多少ゎ描けるようになりたいなって…ょしだ…ずっと…ぉもってた…( ; ω ; )



そこで、またうんざりして挫折する可能性を考えて、最大限ラクにイラストに触れることを続けられそうな手段を考えました。


・模写(線画練習)

・塗り絵(カラー練習)


少し前にあった塗り絵ブーム、今も根強く続いてますよね。マンガ系のイラストのものはないかな?と思って見つけたのが中村佑介さんの『COLOR ME』でした。



巻末のメイキングがなかなか詳しかったのが嬉しいです。



現在、画材は持ってないので、無印の60色ある色鉛筆を購入。



本当は、プロ御用達のポリクロモスが欲しいのですが、いきなり手を出すのはリスクが高いのでやめときました。



安価な色鉛筆の品質は似たり寄ったりのようですから、コスパと色の数を重視です。



模写もやろうと思ってます。
小学生のころ少しやってましたが、線を描く練習、習慣づけという意味では効果が感じられるので。



果たして模写練習でイラストが上達するのか?ということについては、こちらの絵描きさんのブログでわかりやすく解説されています。ためになるので、イラスト初心者さん必見です。



さて、準備を整えたのは良いのですが、あとは趣味する時間を作ることですね。正直、時間管理するのが先だったなとは思っている( ´Д` )

理由はないけど書き続けたい。

長い長い放置…。よしだです。

 

ブログは書き続けることが大事!これ、好きなブロガーさんや通りすがりのブロガーさんの記事で痛いほど目にしてきた言葉です。

 

だが私はブログを書かなかった。理由は以下の通り。

 

・更新の習慣をつけるために書いてみようよ→ADHD的飽きっぽさで挫折

 

・ただの日記でもいいんですよ→つまんねえ一般人の日記なんて誰が読むもんか

 

・(焦りやすい特性のためタイプミスが多い)タイピングの練習のために書いてみようよ→PCとブラウザの起動が遅くてブチ切れ、挫折

 

過去に自分の書いてた記事を見直して恥ずかしくなり、さらにモチベーション落ちる。

 

このブログも、自分の文章センスのなさに死にそうになりながら、ようやく記事の編集を終えたところですし。

 

こうして文章にまとめて、気付いたことがあります。

 

まだなにもしてないのに、プライドが高いんじゃないかな?ということ。

 

でも、自分でも読みたくないようなつまんない記事は書きたくないのは事実。

 

 

多分、こんな葛藤はブログ書いてる人ではわりとあることなんじゃないかな。。。

 

 

いろいろ考えすぎる自分のために一言でまとめておきますが、

 

『書きたい』っていう欲求に従うのが正解。なんだと思います。

 

理由はないけど書いている。そんな人になりたいです。

 

 

ブログの記事が365になったら、新しいPCを買おう。